2012 「EXHIBITION DJANGO EPI-DE-MIC」

            GARDEN Tokyo

2012 「THE GAME DJANGO EPI-DE-MIC」

            playroom 

2012 「PEOPLES」

            GARDEN Tokyo

2013 「de-javu」

            The Last Gallery2F

2013 「SOMANYIMAGES」

            sprout curation

2014 「Do you have a high cut sneaker?」 

            GARDEN Tokyo

2014   「EXHIBITON」

            DJANGO EPI-DE-MIC

2015 「DJ NIGHT」

            DJANGO BANQUET 

2015 「DJ NIGHT」 

            DJANGO BANQUET 

2015 「EXHIBITION DJANGO EPI-DE-MIC」

            DJANGO BANQUET 

2016   「RADIO guest appearance」

            Inter FM897

2016   「THREE-POINT INVERTED」

            FIVE EIGHT KAFE

2017   「FORGERY」

            DJANGO BANQUET

2017   「INTERROBANG」

            DJANGO BANQUET

2017 「POST LIVING ROOM」

            Hikarie 8F [ 8/02/ CUBE 1,2,3 ]

2017   「RECEPTION」 

            MMIGRAYTION

2018   「2piece」

            JANGO BANQUET

2019   「RECEPTION」

            DJANGO TRANSFUSION

2019   「108 mind poisons」

            DJANGO BANQUET

2019   「MEGURO CENTRAL MARKET」

            CLASKA

1997年からアンティーク、骨董品の収集と販売の為国内外を闊歩。

傍らに当時未開拓だった scrap material [ 廃材 ] を見出し、[ 拾う ] と [ 置く ] に没頭。industrial [ 工業的 ] という言葉の認知がまだ低い頃、インダストリアル系と呼ばれるも、当人は知らずに [ in ][ dust ][ real ] と解釈。後にJUNKと呼ばれるカテゴリーの草分け的な意義、存在となる。2002年に埼玉県秩父市にアトリエショップ[ DJANGO EPI-DE-MIC ] を構え、以来、都内や鎌倉等で個展やストリートワークを行いつつ現在に至る。

1997年からアンティーク、骨董品の収集と販売の為国内外を闊歩。傍らに当時未開拓だった scrap material [ 廃材 ] を見出し、[ 拾う ] と [ 置く ] に没頭。industrial [ 工業的 ] という言葉の認知がまだ低い頃、インダストリアル系と呼ばれるも、当人は知らずに [ in ][ dust ][ real ] と解釈。後にJUNKと呼ばれるカテゴリーの草分け的な意義、存在となる。2002年に埼玉県秩父市にアトリエショップ [ DJANGEPI-DE-MIC ] を構え、以来、都内や鎌倉等で個展やストリートワークを行いつつ現在に至る。

2012 「EXHIBITION DJANGO EPI-DE-MIC」

            銀座 GARDEN Tokyo

2012 「THE GAME DJANGO EPI-DE-MIC」

            渋谷 playroom 

2012 「PEOPLES」

            銀座 GARDEN Tokyo

2013 「de-javu」

            白金 The Last Gallery2F

2013 「SOMANYIMAGES」

            清澄白河 sprout curation

2014 「Do you have a high cut sneaker?」

            銀座 GARDEN Tokyo

2015 「EXHIBITION DJANGO EPI-DE-MIC」

            大宮 DJANGO BANQUET 

2017 「POST LIVING ROOM」

            Hikarie 8F [ 8/02/ CUBE 1,2,3 ]

KATSUYOSHI KAMEDA

1997年からアンティーク、骨董品の収集と販売の為国内外を闊歩。

傍らに当時未開拓だった scrap material [ 廃材 ] を見出し、

[ 拾う ] と [ 置く ] に没頭。

industrial [ 工業的 ] という言葉の認知がまだ低い頃、

インダストリアル系と呼ばれるも、

当人は知らずに [ in ][ dust ][ real ] と解釈。

後にJUNKと呼ばれるカテゴリーの草分け的な意義、存在となる。

2002年に埼玉県秩父市にアトリエショップ [ DJANGO EPI-DE-MIC ] を構え、

以来、都内や鎌倉等で個展やストリートワークを行いつつ現在に至る。

t's a inside place no seen.

その存在は異彩を放ち、物議をかもす。

EXHIBITIONS / EVENTS

2012 「EXHIBITION DJANGO EPI-DE-MIC」 /  GARDEN Tokyo

2012 「THE GAME DJANGO EPI-DE-MIC」 /  playroom 

2012 「PEOPLES」 /  GARDEN Tokyo

2013 「de-javu」 /  The Last Gallery2F

2013 「SOMANYIMAGES」 /  sprout curation

2014 「Do you have a high cut sneaker?」 /  GARDEN Tokyo

2014   「EXHIBITON」/  DJANGO EPI-DE-MIC

2015 「DJ NIGHT」 /  DJANGO BANQUET 

2015 「DJ NIGHT」 /  DJANGO BANQUET 

2015 「EXHIBITION DJANGO EPI-DE-MIC」 /  DJANGO BANQUET 

2016     RADIO guest appearance  / Inter FM897

2016   「THREE-POINT INVERTED」 / FIVE EIGHT KAFE

2017   「FORGERY」 / DJANGO BANQUET

2017   「INTERROBANG」 / DJANGO BANQUET

2017 「POST LIVING ROOM」  / Hikarie 8F [ 8/02/ CUBE 1,2,3 ]

2017   「RECEPTION」 / IMMIGRAYTION

2018   「2piece」 / DJANGO BANQUET

2019   「RECEPTION」 / DJANGO TRANSFUSION

2019   「108 mind poisons」 / DJANGO BANQUET

2019   「MEGURO CENTRAL MARKET」 / CLASKA

[ 特定商取引法に基づく表記 ]

店名    

DJANGO TRANSFUSION

郵便番号    

〒606-8392

住所

京都府京都市左京区聖護院山王町18メタボ岡崎105

電話番号    

080-7038-6382

営業時間    

13:00 - 21:00

休業日    

毎週水曜日(仕入れなどで休業する場合は、インスタにて随時報告致します。)

代表者    

畑 中   剛

資格・免許    

京都府公安委員会 古物商許可証 第611011930012

ホームページアドレス

https://www.django-transfusion.com

メールアドレス    

django.transfusion@gmail.com

Copyright © 2020 DJANGO TRANSFUSION,All rights reserved